はじめて接骨院に行って自分の体を知る

仕事柄、腰に負担がかかる仕事の為、坐骨神経痛になってしまいました。

接骨院に行くまでは整形外科に行っていたのですが、特に何をしてくれるでもなかったので、行ったり行かなかったりでした。

痛みやシビレには日によって差があり大丈夫な時と、動くのが億劫なほど痛みが出る時があります。

その日も、痛みが激しくどうしようもなかったので、近くの接骨院に行ってみました。

接骨院に行って問診をしてもらい今まで整形外科に通っていた事、整形外科で坐骨神経痛であると診断された事を伝え、痛みやシビレが日によって差があることも伝えました。

案内されるままベッドに横になり背中から足にかけて触ってほぐしてもらいました。

ほぐしてもらってる時も、ちゃんと説明をしながら色々と教えてくれて勉強にもなりました。

腰が痛いからと言って腰だけをほぐせばいいというわけではないようです。

その日はぐっすり寝れました。

坐骨神経痛はうまく付き合って行かなければならないと言われました。痛みの症状を少なくするためにも周りの筋肉をほぐしておく必要があるようです。

 

 

“はじめて接骨院に行って自分の体を知る” への1件の返信

  1. こんにちは、これはコメントです。
    コメントの承認、編集、削除を始めるにはダッシュボードの「コメント画面」にアクセスしてください。
    コメントのアバターは「Gravatar」から取得されます。